講座一覧 講座申込 ブログ 交通アク

セス FAQ お問

い合わせ

ジャンル別講座一覧(人文・社会)

講座番号2 フランス文化と日本〜日仏交流160周年を迎えて〜
第1部
(9:30〜11:00)
人文・社会 ローラン・ピック
(駐日フランス大使)
定員なし今年、日本とフランスは交流160周年という節目を迎えました。この 機会にフランス・ヨーロッパの現在や文化について学んでみませんか。小学生の方もどうぞ。

講座番号3「学び」×「エンターテイメント」が創るプログラミング教育の未来
第1部
(9:30〜11:00)
人文・社会 讃井康智
(ライフイズテック取締役)
定員なしライフイズテックは中高生のためのプログラミングスクールを世界第 2位の規模で展開しています。そこが得意とする、大勢の中高生を虜にしてきたエンターテイメントと教育の融合についてお話しいただき ます。

講座番号4 TOEIC満点講師に学ぶ!英語の正しい勉強法!!
第1部
(9:30〜11:00)
人文・社会 西村恵美
(英会話講師)
定員なし 試験前にあわてて、単語と文法を覚えて、その場限りの勉強をしていませんか?この講座では、大人に必要な英語力を踏まえ、実力試験や 入試に役立つ英語勉強法をお伝えします。

講座番号5選挙はオモロい!お金がなくても政治家に〜仕組みを分り易くあなた へ〜
第1部
(9:30〜11:00)
人文・社会 黒川敦彦
(実業家、政治家)
定員なし加計問題追及の市民運動に従事し勢い余って衆議院選挙山口4区に立 候補。安倍晋三氏の対抗馬になった黒川氏に、選挙の仕組みや魅力を語って頂きます。

講座番号6これからの日本〜世界中がエゴむき出しの中で日本はどうあるべきか ?〜
第2部
(11:50〜13:20)
人文・社会亀井静香
(元衆議院議員、元金融担当大臣)
定員なし政治経験豊富な亀井氏が自身のキャリアを通じて今 の政治、そしてこれからの日本について熱く語る。一人ひとりが当然意識すべき「日本」の国家像そのものを問い直す90分。

講座番号7ホワイトハッカーが教える個人情報の取り方取れ方
第3部
(11:50〜13:20)
人文・社会 杉浦隆幸
(合同会社エルプラス代表者)
定員なしいかにして個人情報が盗まれるか、またその防御法について講演して いただきます。持ってこれる人はノートパソコンを持ってきていただければ、その場で見て出来る様になります。

講座番号8中学論題研究会「飲食店に対し店内の全面禁煙を義務づけるべきであ るか」
第2部
(11:50〜13:20)
人文・社会 石橋由基
(全日本ディベート連盟理事)
定員なしディベートをする際に必要な知識や想定される議論を考える講座です 。今後、議論するうえで考えておくべきことを整理し、今後の準備の方針がたつことを目標とします。

講座番号9立憲民主党が目指すもの
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 枝野幸男
(立憲民主党代表、衆議院議員)
定員なし今の政治に失望する人々、それでも変えたいと思う人のために私達は 立ち上がりました。日本の立憲主義、民主主義をつくるのはあなたたちです。共に考えましょう。

講座番号10Re:ゼロから始めるライトノベル作家生活〜ラノベ作家への道〜
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 長月達平
(ライトノベル作家)
定員なしRe:ゼロから始める異世界生活作者長月達平先生を東海にお招きして 、「ライトノベル作家」という職業について語っていただきます。Q&Aの時間もあるので、この機会をお見逃しなく。

講座番号11ビジネスを生み出し、成長させる〜ヤフーの成長を例に〜
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 喜多埜裕明
(Kカンパニー株式会社代表取締役社長)
定員なし インターネット黎明期におけるヤフーの誕生から成長やITの注目点をご説明します。

講座番号12 高校論題研究会「日本は国会を一院制にすべきである。是か非か。」
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 後房雄
(名古屋大学法学部教授)
定員なし ディベートをする際に必要な知識や想定される議論を考える講座です。今後、議論するうえで考えておく べきことを整理し、今後の準備の方針がたつことを目標とします。

講座番号13 研究者・生徒・市民の対話〜ナショナリズムとデモクラシー〜
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 大園誠
(同志社大学人文科学研究所嘱託研究員)
定員なし 昨年度に続き、第一線で活躍されている研究者をお呼びして、徹底的な討論を行う。今回は、丸山眞男に注目して日本における政治的主体 について検討し、ナショナリズムとデモクラシーの関係について考える。

講座番号14 芭蕉と名古屋
第3部
(14:00〜15:30)
人文・社会 森瀬壽三
(関西大学名誉教授、東海高12回卒)
定員なし テレビ塔のすぐ近くに「蕉風発祥地」という石碑があります。松尾芭蕉の俳諧は1684年に名古屋・栄から始まりました。名古屋と芭蕉を新 たに知ることができる講座です。


(c)東海高校・中学 サタデープログラム生徒実行委 員会